マグニチュードって何?|もしもの地震を予想して防災しよう!

知ってる?マグニチュードの意味

緊急地震速報や地震予想などでよく目にするのが、震度とマグニチュードです。数値でレベルを表していますが、そのレベレがどの段階のものなのかを分かりやすくご紹介していきます。また、マグニチュードと震度の違いも合わせてまとめています。

マグニチュードって何?

地割れ

マグニチュードとは地震の規模

マグニチュードとは、分かりやすく言うと「地震のエネルギーや大きさ」というものを数字で表したものです。特別な数式でマグニチュードは表すことが出来ますが難しいので割愛させていただきます。例えばマグニチュードが1上がると、地震のエネルギーは32倍になります。もう少し分かりやすくすると、例えばマグニチュード7クラスの1回の地震のエネルギーは、マグニチュード6の地震32回分のエネルギーに相当するということになります。1上がるだけでもすごいですが、2上がると1000倍にもなります。マグニチュードは全世界共通の地震の規模やエネルギーを測る基準になります。

「震度」は揺れの程度を表す

よく地震速報で震度が表示されます。これは単純に揺れの程度を数値で表したものです。マグニチュードは地震自体の大きさやエネルギーを表しますが、震度は各地での揺れの程度を表しているので、この2つはイコールではありません。震源地から遠ければ遠いほど揺れの程度は小さくなります。揺れの程度は地層の種類や震源からの距離などによって異なります。だから、大きな地震が起きても各地の震度はバラバラですよね。では次に震度のレベルについて説明していきます。震度1は屋内にいる人で微かに揺れを感じる人がいる程度です。震度2は屋内にいる半数の人が揺れを感じます。震度3は屋内にいるほとんどの人が揺れを感じます。震度4は、吊り下がっている電球が揺れたり、座りが悪いものが倒れたりします。震度5弱は、沢山の人が恐怖を感じてしまい、ものにつかまるなどの行動をおこします。棚から本や食器が落ちることもあります。震度5強は物につかまることでやっと歩けます。補強していないブロックが落ちてきたり、固定していない棚などが倒れたり、たくさんの食器が落ちてきます。震度6弱は、木造建築の家が傾いたり、何かにつかまって立つことが困難になります。震度6強は固定してない家具は倒れて、低い耐震性の建物も倒れたり、大きな地割れが出来ます。震度7になると、耐震性の低いコンクリートの建物でも傾くことがあり、電柱なども倒れる危険性があります。

巨大地震を体験した方の体験談をご紹介しています

出口の確保はとても大事

普段から地震がよく起きる地域に住んでいました。巨大地震の時にも周囲の方は比較的に落ち着いていて、慌てて飛び出すような人はいません。そんな中、みんながやっていたことが扉を開けて出口を確保することです。落ち着いて必要なことを迅速にするということが大事なんだと感じました。

食料は備えておくべき

20年前の大きな地震を経験してから、日頃から缶詰や保存食を防災グッズと一緒に常備していたんです。また最近になって大きな地震を経験しました。その時にはライフラインの復旧までに少し時間がかかっていたんです。そんな時に常備していた食料で大分助かりましたし、周囲の方に分けることも出来たので、備えの大事さを心底感じています。