地震に備えるべきグッズ|もしもの地震を予想して防災しよう!

備えあれば患いなし

地震が起きて家が倒壊寸前の場合や、近くで火災がおき家を置いて行かなければならないときなどは、荷造りしている時間はありません。必要なものを予めバックなどに詰めておくこと、もしもの時に慌てずに済みます。

やっててよかった地震対策ベスト5

no.1

災害に備えたグッズ

大きな地震などで被害が甚大な時はライフラインの復旧にも時間がかかり、必要なものを買いにいっても在庫が売り切れていることも考えられます。起こってから準備しては遅いので、予め必要なものをきちんと揃えておくようにしましょう。特に食料や簡易トイレ、救急セット、懐中電灯などはマストです。

no.2

避難経路の確認

いざ被災して家に居られないとなると避難場所へ身を置きますよね?その避難場所がどこにあるのか、また安全な道を知っていることも大事なので避難経路も確認しておきましょう。実際に散歩がてら歩きながら避難経路を確認しておくのも良いです。

no.3

家の中での安全対策

大きな地震では棚などの大きな家具が倒れてくる危険性があります。なので大きな家具には安全のための固定をしたり、窓ガラスが割れて飛び散らないように、飛散防止のフィルムを利用するなどして対策を行いましょう。

no.4

家族間の連絡手段の確認

日中は家族がバラバラで行動していることが多いですよね。そんな時に地震や津波などが発生したことを予想して、避難方法や安全な場所の確認したり、待ち合わせの場所と連絡方法を決めておくことが大事です。被災時の通信回線は繋がらないことが多いです。安否確認は災害用伝言サービスなどを利用しましょう。

no.5

防災訓練の参加

日頃から地震が多発している地域や、今後大きな地震が予想されるところに住んでいる方などは、積極的に防災訓練に参加しましょう。被災した時の正しい行動を確認してトレーニングしておくことはとても大切です。

地震に備えるべきグッズ

EARTHQUAKE

数日間の食料

1人暮らしの場合は非常食をだいたい3日分ほど用意出来ればいいですが、家族がいる場合はスペースが確保出来るのであれば1週間分を用意しておくと問題ないです。救援物資が届くまで大体3日ほど見積もり、次のようなものを用意しましょう。まずは賞味期限の長い食料です。例えば缶詰やカンパン、レトルト食などが良いです。次にお水。1人につき2リットルの水を3本持っていれば充分です。赤ちゃんがいるのであれば粉ミルクや哺乳瓶を準備しておきましょう。保存の期間はおよそ4年前後です。定期的に賞味期限の確認をして買い替えるようにしましょう。

日用品系

必要最低限の日用品がよいです。例えば携帯のラジオ。ティッシュ、ウェットティッシュ。歯ブラシと歯磨き粉、タオルやビニール袋などです。これらは数日間の最低限必要なものです。女性の方やお子さんのために生理用品とおむつも用意しておくのも大事です。それから、常備薬と救急セット。怪我をした場合には絆創膏や消毒液が必要になるので、簡易的な救急セットを持っておくと良いです。それから持病がある方や薬がないといけない方は命に関わるものなのでしっかりと薬を用意しておきましょう。

ライフラインが復旧するまでに必要になるもの

被災時にもし避難場所にもいけず、ライフラインが無いようなところで数日間過ごさないといけない状況になった時に活躍出来るグッズを紹介していきます。参考程度で結構ですが、必要と感じるのであれば用意しておくと良いです。まずは懐中電灯。次に携帯ラジオ、軍手、電池、寝袋、ライター、コンロ、調理器具、十徳ナイフなどです。簡易トイレなどもあれば安心です。